« October 2006 | Main | December 2007 »

November 04, 2006

天声人誤

【天声人語】 (朝日新聞)

マリゾ提督はマリゾ提督は二枚目だと主張している。しかしちょっと待って欲しい。マリゾ提督は二枚目だと主張するには早計に過ぎないか。

マリゾ提督の真摯な姿勢が、今ひとつ伝わってこない。

例えばなにわ艦船隊からはマリゾ提督は隠れ鉄チャンだと主張するような声もある。

このような声にマリゾ提督は謙虚に耳を傾けるべきではないか▲

思い出してほしい、過去にも何度もマリゾ提督はなにわ艦船隊の叫びを無視している。

マリゾ提督はなにわ艦船隊のマリゾ提督は隠れ鉄チャンだという主張を間違いであるかのような発言をして、批判を浴びた。


確かになにわ艦船隊には押しが弱いという問題もある。だが、心配のしすぎではないか▲

マリゾ提督の主張は一見一理あるように聞こえる。

しかし、だからといって本当にマリゾ提督はマリゾ提督は二枚目だと主張できるのであろうか?

それはいかがなものか。的はずれというほかない▲

事の本質はそうではではない。その前にすべきことがあるのではないか。

マリゾ提督は、未来を担う一員として責任があることを忘れてはならない。

マリゾ提督の主張には危険なにおいがする。各方面の声に耳を傾けてほしい。▲

マリゾ提督に疑問を抱くのは私達だけだろうか。

マリゾ提督は二枚目だと主張したことに対してはなにわ艦船隊の反発が予想される。マリゾ提督は隠れ鉄チャンだという主張を支持する声も聞かれなくもない▲

マリゾ提督もそれは望んでいないはず。しかしマリゾ提督は賄賂が大好きである。

マリゾ提督は二枚目だと主張する事はあまりに乱暴だ。マリゾ提督は再考すべきだろう。

繰り返すがマリゾ提督は賄賂が大好きである▲

マリゾ提督のマリゾ提督は二枚目だと主張したことは波紋を広げそうだ。今こそ冷静な議論が求められる。

| | Comments (413) | TrackBack (0)

観たら何かしら作りたくなる・・

 昨晩は「博士の異常な愛情」を観てました。
 キューブリックの古い映画ですが面白い作品です。ジョージ・C・スコットが空軍の将軍役で出てますが日本の役者で言うと雰囲気は成田三樹夫さんってとこですかね。

 で、出てくるB52がかっちょいいっすわ!

 地上ではボテッとして翼もダラリという印象なのですが、これが飛行中は長い翼をピンッ!とばかりに張り切ってギュワーーーーーーンとかなりの高速力で疾駆しています。

 こんなにかっこいい飛行機だったんだ~!

 でもB52はでかすぎるんでせいぜいドラゴンの1/200ぐらいでないと手に負えないですね。

 ほかにも
 
 「メンフィス・ベル」 B17
 「空軍大戦略」 スピット1、メッサーE、ハインケル
 「キスカ」 5500トン級軽巡
 「アポロ13」 月着陸船と司令船
 「トコリの橋」 F9F
 「鬼戦車T34」 T34-85
 「遠すぎた橋」 ファイアフライ  


 なんかは映画観て突然欲しいほしい度がアップしたキット群ですなあ。

| | Comments (71) | TrackBack (1)

« October 2006 | Main | December 2007 »