« January 2006 | Main | November 2006 »

October 22, 2006

ビルマのM3中戦車、準備開始!

というわけでアカデミーのM3リー中戦車の作成準備に入りました。サハラ戦車隊も良いですが、せっかくなのでイギリス軍がビルマで使用したタイプを作ってみようかと思います。

 一番の特徴はやはり3階建てを2階建てにしたところでしょう。トップのキューポラ付き銃塔を取っ払うだけで印象がずいぶん変わります。

001


 また、大砲も長砲身にしてやったり転輪のタイプを穴なしにするだけでも多少強そうになるような気もします。

 先日「ビルマのM3」セットを購入し、ビルマのM3の写真も見つけ(あんまりきれいに写っているのはないですね)、あとはバレルを調達したらいいかなというところまで来ました。履帯は考え物ですが、M4用のカステンのキャタピラはちょいとハードル高いので逡巡しています。手っ取り早いところではベルトでGO!にするかもしれません。

 何とか年内で完成させたいところです。

| | Comments (63) | TrackBack (0)

ある危機感、あるいはお腹いっぱいな感じ

 本日は、こじんまりと舞鶴の話を聞きながらモツなべを囲んでビールを楽しんでまいりました。

 その場でこのたびの新製品のリリース情報を伺ってきたのですが、思うになかなかすごい状況になりつつありますねー。

 これでええんか・・・?

 シャーマンA2も米軍英軍仕様で出ますし、ストライカーもバッティングしまくりだしファイアフライもリニューアルなんだろうなあ、出ますし38トン戦車G型もアナウンスされていますし恐ろしいまでのラッシュです。それも複数社から出るアイテムも結構多い。もうニュース聞いただけで満腹!

 リリースにあわせて調達することなど夢物語ですし、ラッシュ、ピークの後には必ず停滞が来ますからなにやらそんな心配までしてしまいそうです。

 オラはマイペースでそんなにとがったモデラーでもないので、ぼちぼちのペースで戦車模型を楽しめればよいので、ラッシュが来るよりも、長く安定して供給してくれるほうがどちらかといえばありがたい。タミヤ製品がすばらしいのは安心できるのはその万人向けのやさしい品質といつでも手に入る、という安心感があるからだと思います。

 もちろんキットの中には生産休止となるものもありますが、買い時を逃してしまうと次手に入るのはいつかわかりませーん、というアイテムはあんまりないのかなと思います。

 で、ここ最近の新製品ラッシュをかけるアジアンなメーカーですが、ライバル会社と同じアイテムをぶつけてつぶしあいしているように見えて仕方がない。寡占化に成功してもファンの動向をきちんと抑えないと結局そっぽを向かれるような気がするのですが、そうじゃないのかなあ。

 いくら好きでも同じ車種をそうそうリリースされたからといって全部買って作るわけにもいかんしな、飲みながら話しながらそんな感想を持ちました。

 趣味のジャンルとして廃れなければいいだけの話なのですが、ちょいと心配。2年後の年末も華やかなリリースニュース魚に呑めていれば、先見の明のなかったオラの笑いばなしで終わるのですがね。

 
 しかし何だな、シャーマンⅢとホイシュレッケは楽しみだな!

 4号架橋戦車は置くとこがないかな(トホホ)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 21, 2006

パンツァーグラフ! 6

 今回はロシア特集。

 丸々一冊ロシア戦車特集で、T-64とかT-18とかあまり作例を見ない作品も充実した掲載でなかなかよかったかと思います。

 反面、T-34とかKVシリーズに対して物足らなさを感じましたが、この車種はそれだけで特集号ができるほどのボリュームがありますから仕方がないですかね。

 もちろん、このような本を見ますとロシア戦車が作りたくなる。
 何がいいか?
 やはり出ないうちに作ってしまえ、T-44かな。

 ともあれ計画を練ります。

 最後に、QちゃんのT-18もかっこよかったですね!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | November 2006 »