« 「戦艦大和の真実」から戦艦考 | Main | パンツァーグラフ! 6 »

January 02, 2006

男たちの大和

 みなさま あけましておめでとうございます。

 すっかり怠けてしまったブログですが、年も改まり心機一転リスタートしようかと思います。よろしければまた、お付き合いください。

 さて、昨年末に「なにわ艦船隊」年末企画にて「男たちの大和」を観て来ました。作品そのものは多少史実に照らして脚色された部分があった様にも思いますが、終戦4ヶ月前の櫻のころの男たちの魂の話しで思わず時間を忘れて最後まで浸ってしまいました。

 この映画のせいばかりではありませんが、昨年は呉に出かけたり尾道に足を伸ばしたりと戦艦大和に触れることが多かったので、「大和」にころっとやられてしまいました。書物や写真集を眺めたりしているうちに製作意欲が湧いてきたというわけです。とはいうものの350では持て余しますので700から手をつけることにしました。

 フネの場合は年次をへて改装が施されますのでどの設定年代とするかがまずポイントですが、「男たちの大和」なんですから最終状態にすることで決まり。
 ディテールアップのポイントはなにか。
 あまり遠大な構想を立てますと頓挫しますので、1)カタパルト2)ジブクレーン3)マストぐらいをエッチングや真鍮線に置き換えるぐらいにしようかと思います。

 ともあれ、1年計画ぐらいで建造を目論見ます。

                                                        ではでは

|

« 「戦艦大和の真実」から戦艦考 | Main | パンツァーグラフ! 6 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62808/7958668

Listed below are links to weblogs that reference 男たちの大和:

« 「戦艦大和の真実」から戦艦考 | Main | パンツァーグラフ! 6 »