« July 2005 | Main | September 2005 »

August 29, 2005

一人も残さず連れ帰れ!

  週末に映画でも楽しもうかと、DVDを1枚買ってきました。1965年作品の「キスカ」という1本です。

  北太平洋にアリューシャン列島があり、そのなかにキスカ島があります。小さな島ではありますが米国領です。そしてかつてこの米国領の島が1年間にわたって他国によって占領されていたことがありました。

  太平洋戦争を描いた映画は星の数ほどありますが、「キスカ」はこのキスカ島からの撤収ケ号作戦を描いたもので、あまり悲壮感無く鑑賞できる作品です。戦史によれば、これは第5艦隊第1水雷戦隊が昭和18年7月に実施した作戦で、その骨子は「アメリカ海軍に見つからないように島に近づき、目立たないように短時間で5200名の部隊を揚収、ばれないように日本に帰ってくる」というものでした。
  当時はこの島の周りを戦艦2隻を含む有力な艦隊が遊弋しており、航空機の哨戒も行われていたり潜水艦も監視していたりで作戦の成功はおぼつかないとも思われていたのですが、結論から申し上げますと天晴れこの作戦はその骨子をことごとく達成して大成功のうちに終わったのでした。

  映画は木村司令官を三船敏郎、司令長官を山村聡が各々演じています。よく見るとハヤタ隊員やイデ隊員も出てきます。ストーリーもやや脚色されている部分が無いとはいえませんが、なかなかエンターテイメントの戦争映画としてはまとまっていると思います。

  史実のほうは映画に比べるとやはり中央と艦隊、艦隊司令部と実施部隊とのあいだで相当厳しいやり取りがあったようです。できるできんもあったでしょうし、失敗したときのことを考えると責任の所在もどうなるか、ということもあったことと思います。

  が、史実映画共通して木村提督(映画では大村提督)の指揮ぶりやリーダーシップが印象に残りました。シャキシャキッとした切れもん風情ではないですが、作戦中沈着冷静で決して猪突猛進することなく作戦指導をした点、インパクトがありました。リーダーはやはりカッカしたらだめですね。現場は火事場騒ぎになっていても首脳部は芒洋とすることも大事であると思いました。まあ、映画は天下のミフネですしね。

戦史のことなので無理があるかも知れませんが「プロジェクトX」で取り上げてもいいかもね。

「その島は全滅の危機に瀕していた・・・・・」
「救出することが決まった・・・・」
「しかし、その島は敵艦隊に包囲されている・・・」
「指揮官が南方から呼ばれた・・・」
「最大の味方は霧・・・・」

「その島の名はキスカ。正真正銘のアメリカ領だった・・・」


| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 21, 2005

友好親善

  帰省で和歌山県は串本におりましたが、串本の沖合いにある大島に樫野崎という岬があり、そこにも立ち寄ってきました。

  トルコがまだオスマン帝国の頃、一隻の軍艦がこの樫野崎で座礁をして大変ピンチな状況に陥ったそうです。この時地元の皆様が乗組員救助に一肌脱いで、オスマン帝国からえらい感謝されたとのこと。樫野崎灯台の近くにはこの遭難の碑が建立されており、碑のそばにはトルコ記念館が設けられています。

  この軍艦はエルトグルルもしくはエルトュール号と発音するそうなんですが、遠く地中海からやってきて座礁してしまうなんてさぞかしつらい思いをされたことでしょうが、生き残ったトルコ海軍軍人は帰国の後に母国にて救助の模様をきちんと伝えたらしくていまだにトルコ国民にこの事件と救助の恩義を忘れていない方がおられるとのこと。なんとなくいい話だと思いました。

  いまでも新任駐日トルコ大使はこの記念碑に来て献花するという話も聞いたことがありますが、なかなかできることじゃないと思います。このような姿勢は見習わなきゃいかんなあ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 11, 2005

潮岬

明日というか今日というか。8/11から夏休みなので潮岬に帰省します。山の神の実家なのですが、ぼんやりと温泉につかったり砂浜で昼寝したりしてしばし童心に帰ってこようかと思います。

というわけで、しばしの休暇であります。

              ではでは

| | Comments (60) | TrackBack (0)

August 08, 2005

38式野砲(改)

  大砲のキットはインジェクション化にあたって部品数が多くなる、したがってコストがかさむためなかなか製品化できない、という話をどこかで聞いたか読んだ記憶があります。

  ところが昨年来PAK40とかFLAK36、18が次々リリースされてGunマニアにとっては天国なような状態が訪れています。かく申すマリゾもAFVクラブのFLAK18は早速買い求めました。さすがに繊細なパーツ群でこのようなキットはちょと気合を入れて楽しまさせていただくといった風情がございます。

  で、そんなインジェクションでのキット・リリースなど望むべくもない一寸前にピットロードが旧軍の大砲をメタルでリリースしてくれていました。旧軍の大砲にはなぜか惹かれるところがあって決して安くはないこれらのシリーズをせっせせっせと集めておりましたが、この春に作った四一式山砲につづいてようやく三八式野砲(改)の組立てが終りました。

  このメタルキットは部品点数も50弱で、整形の必要なパーツもあまりなくてメタル初心者にとっては大変手ごろなキットでした。組立ては瞬着なので接着時間もそれこそ瞬時でストレスなく組立作業に従事できましたし、パーツそのものの強度もありますし、出来上がるとズシンとばかりの重量感もあってインジェクションとはまた別ジャンルの模型であるなあ、と感じ入りました。

  これから塗装ですが、ホワイトメタルは無塗装でもなかなかいい感じの色合いなのでこのまま磨いてやって勤続の地のままの色で飾っても悪くない思いがします。これから「塗らん方が良かった!」とならんようにせいぜい気をつけて塗装に入ります。期待せずにお待ちください。

                     ではでは


                  

| | Comments (1) | TrackBack (3)

August 06, 2005

イタ車

  ちょいと前、日本にスーパーカーブームが沸き起こり当時中学生だったマリゾもランボルギーニのカウンタックやらデ・トマソのパンテーラなんかの写真が表紙を飾るノートを持っておりました。そんな時ウチの親爺がパンテーラの写真見ながら「イタリア人は国のデザインは下手なくせにクルマとなるとなんでこんなかっこええのんつくれるんやろか・・・」とつぶやいていた記憶があります。フランスの車とはまた似ても似つきませんからラテンの血がなせる技というわけでもなさそうです。

  この頃に「イタリアの車=かっちょいい」の図式がマリゾの頭脳の奥底に埋め込まれました。

  で、久しぶりに今日はイタ車の模型を買って来ました。それがアウトブリンダAB41装甲車です。自国の製品には並々ならぬ愛情を注ぐイタレリのニューキットです。イタレリも久しぶりなら装甲車も久しぶりな買い物でした。パナールとおんなじクラスなのかな、雰囲気よく似てますが妙に凝ったデザインはまさにイタ車チック満載という感じであります。

  モノの本を見ますと幅広く活躍したようですし、ドイツ軍もちゃっかり自軍に編入して使ったようですし性能は良かったのでしょう。キットのパーツもなかなか雰囲気よさげです。いまはフィリップの愛車のシトロエンの仕上げ中ですけれども、片付いたらAB41を早速作ろうかな。

  しかし今年はまだ履帯をはいた車両を1両もくんでないなー。

                      ではでは
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2005

ネイビーヤード

  フネモデラーにとっては、「艦船模型スペシャル」誌の発行は大変楽しみなことの一つだと思います。この夏、これに加えて新たにまた定期的に発行される艦船専門の雑誌が登場することになりました。

  MG別冊の扱いですが、それが「NAVY YARD」誌です。大きさは「艦船模型スペシャル」誌と同じで価格も厚さも似たようなものです。創刊号の特集は戦艦「大和」。大木氏のエクセレントな作例が巻頭を飾っております。氏の作品はいつも思いますが、700の世界としては極限まで再現された作例に仕上がっています。真似をしようというよりは「このようなすばらしい作品がこの世にあるんだ」(ため息)、というような位置付けの作品かと思います。

  それにつけても戦艦大和は人気があるなあ。陸の虎一、海の大和、といったところなのでしょうか。特集は正しくは「日本海軍の象徴 戦艦大和」なのですが、正直国民の目にも触れず3年半の生涯であった戦艦が日本海軍の象徴というのはちと違和感があります。日本海軍100年の歴史を考えてその象徴の名にふさわしいのは戦艦「三笠」か長年連合艦隊旗艦として君臨した「長門」なのではないかと思います。

  太平洋戦争に限ってみても象徴ということを考えると航空母艦がふさわしいのではないかと感じます。航空母艦で象徴的なフネを上げますと「瑞鶴」に落ち着くのではないでしょうかなあ。

  ともあれ巻頭特集にいちゃもんつけるというような非生産的なことはいい加減に止めて、あらためまして次号の発行に期待したいと思います。老舗「艦船模型スペシャル」も今月中旬に発行ですのでこの夏はみずモノモデラーにはハッピー・オーガストになりますね!ちょっと暑いけど。

  そうそうなにわ艦船隊の諸兄はちゃんと雑誌買ってモチベーション維持につもてくださいね~。

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2005

7月の戦果

  今日から8月、葉月になりました。気候も仕事も熱い日が続きます。ストレスの解消も考えなあきません。

  というわけで先月の戦果ですね。7月は呉へ出かけたり適度に呑みに行ったりでストレス解消に励みましたがキット購入の方面でも少しばかりストレス解消させていただきました。何買いましたっけね。

  1/48 シトロエン11CV  
  気のせいか隠れたブームのようなものを感じましたので発売されてすぐに買いました。ふたを開けるとこんまい車体がコロンとしているのが目に入り、早速作り始めたミニカーのようなキット。あっさり作れますが民間車の情緒でカラーリングにこるのも手か。

  1/144 P-3Fオライオン
  ロッキード社の本を読んでた時にたまたま見つけて買ったキット。オライオンはなかなかスパルタンなスタイルで結構好きです。

  1/35 2.8cmゲルリッヒ砲
  今年の春からゲルリッヒづいているので調子に乗って買ったキット。こんな風に調子に乗る性格でなかったならば山のようにキットを買うこともなかったでしょうに。ちょっと自戒。

  1/12 NXR750
  ヤフオクでGET。昨年の秋からちょっとマイブームだったオフローダーの最終巻。どうしようか迷いましたが入手しました。ロスマンズのカラーリングが結構好きで気に入っていたものです。これで念願の1-2フィニッシュのディオラマが作れることになりました。でもいつ作んの?

  1/144 B-47B
  爆撃機史上、銀河とならんでその流麗なスタイルを誇るSACの元主力爆撃機。この機体がボーイング社のみならず以降の4発ジェット機のスタンダードになったといっても過言ではない、と思います。この機体に興味があれば「戦略空軍指令」は必見。

  おお、7月は5つのキットしか増加しなかったか!欲しいものも我慢する大人の買い方が出来るようになってきました。8月も無駄遣いしないように気をつけます。

                 ではでは
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »